札幌観光

札幌観光ナビ

 

モエレ沼公園

モエレ沼公園札幌市街からおよそ車で30分の場所に位置するのが、今回紹介するモエレ沼公園です。日系アメリカ人の彫刻家である故イサム・ノグチ氏が基本設計を担当し、非常にコンセプチュアルな都市公園として1995年から一部開園、2005年に全施設が建設終了したことから全面開園しました。

公園の設備はほとんどがノグチ氏の設計によるもので、さながら公園全体がノグチ氏の作品であるかのようにも思えます。公園のシンボルとなっているのが「ガラスのピラミッド」で、その内部には休憩施設やノグチ氏のギャラリーなどがあります。高さ約32mの外観に最初は圧倒されてしまいますが、内部は晴れている日は太陽光がやさしく降り注ぎ、心までも温かくしてくれるような空間が広がっています。

また「モエレ山」と呼ばれる人工的に作られた山が南側にそびえており、頂上からは360度市内を眺めることが出来ます。標高は62mで階段が備え付けてあり、大人でも登りきるのには10分程度かかるので運動不足解消にも最適です。

この他にもさまざまな遊具や設備が備え付けられており、それらは全てノグチ氏の作品としても見ることが出来ます。

モエレ沼公園では年間通して様々なイベントが開かれており、中でも毎年9月に開催される花火大会は開催されるイベントで最も人気のあるものになっています。約1万2000発の花火が1時間で打ち上げられ、札幌の夏の終わりを盛大に祝うようなイベントです。市外に限らず市内の方でも行ったことのない方は是非一度足を運んでみることをオススメします。


モエレ沼公園

〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
TEL:011-790-1231  FAX:011-792-2595

メニュー

AD

パーマをかけてもセットに時間がかかる。これだと朝の時間を有意義に過ごせないですよね。福岡の美容室コンチェは自宅での再現性にこだわって、形状記憶パーマをおすすめしています。【コンチェ】福岡市の美容室

 

Copyright 札幌観光 All Rights Reserved.